沖縄にベッドは運べるのか?調べてたら、普遍的で大事なことに気がつきました!

今回の記事では、沖縄への引っ越しで大型荷物の配送サービスが使えるのか?そして、沖縄や田舎での暮らしで気が付いた大事なことについて、紹介したいと思います。

オサナイ
オサナイ

で、結論を先に述べると。。。

  • 大型家具は現地で購入しろ!
  • 沖縄でも東京と同じサービスが使えるわけじゃないぞ!

そんな話です。それではどうぞ!

沖縄への引っ越しは配送で

もうすでに述べている通り、私6月から沖縄に引っ越します。移住&就労します

参考記事
ホントに沖縄移住!〜地域おこし協力隊としてゆいゆい国頭で働くことになりました〜

もっとも、奥さんはまだ少し東京に残りそうなので、2段階で行うんですが、気になるのが引っ越しに伴う費用です。

こちらの引っ越し宣言さんのサイトを見てもそうですが、普通の引っ越しの場合、20万円〜30万円ぐらいするという話があります。

結構高いですね。島なのでどうしても輸送コストがかかってしまいます。

出来るだけゆうパック等で配送し、それ以外の大型家電等は処分して現地で購入するのが最適でしょう。

ダブルベッドは運べないのか

Andreas LischkaによるPixabayからの画像

現在の東京の我が家は、ベッドやソファなど無印良品の家具で構成されています。

どれも、ジモティとかヤフオクを駆使して基本的には安く購入した中古。でも気に入っているばかり。

オサナイ
オサナイ

手放したくない。売るの面倒臭い(奥さんが一人で東京でうまく売却できると思えない)。なんとかならないもんか。

ちなみに、我が家で一番大きい家具はダブルベッドおよびマットレスです

クイナ選手

(こ、この人沖縄の配送サービス事情を知らないなぁ。。。)

いや、なるわけないんですけどねw

でも調べないと気が済まない性。

全国区の配送サービス

で、一応調べて見ました。

全国区で配送サービスを請け負っている会社とそのサービスは主にこの3つ。

主な配送サービス一覧

  • 郵便局ーゆうパック
  • クロネコーらくらく家財宅急便
  • 佐川急便ー飛脚ラージサイズ宅配便

このうち、郵便局のゆうパックは3辺の長さが160センチまで
佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便に関しては同じく3辺の長さが260センチまで

つまり、残念ながら3辺で350センチ近くあるシングルベッドすら運べません

クロネコならベッドも運べる

唯一クロネコの家財宅配便っていうサービスは、ダブルベッドサイズがいけます。
料金の等級はFランク(400センチまで)となります(他に450センチまでいけるGランクがあります)。

試しに東京から東京まで、ダブルベッドの運べるFランクで調べると、税込22,950円でした。

参照元:ヤマトホームコンビニエンス
オサナイ
オサナイ

うん、東京から東京でも高いねw

そりゃそうですね。

で、一応東京から沖縄まではどうだろう?と調べてみました。

いやいや、沖縄は例外だ!

東京から沖縄までのダブルベッドの配送。結果はこう。

参照元:ヤマトホームコンビニエンス

こちらの配送料金表で確認しても、やはり取扱不可でした。

オサナイ
オサナイ

も、もはや扱って無いじゃんw

クイナ選手

いや、そもそもあるわけ無いでしょw 沖縄は島だしそうゆうもんよ。

“全国区の大手のサービスなら、どこでも必ず使えるはず!”

どっかでそんな先入観に陥っていましたが、それは東京で見た幻想だったようです。

まとめ

つまりこうゆうことです!

  • 大型家具は現地で購入しろ!
  • 沖縄でも東京と同じサービスが使えるわけじゃないぞ!

むしろ前者の大型家具の配送実態っていうよりも、この後者の考え方が大事かもしれませんね。

当ブログについて

 当サイト「オサナイ!駆けるよ!喋るよ!」は、沖縄北部やんばるの大自然に囲まれた国頭村での日々の生活や、道の駅ゆいゆい国頭での仕事を通して気が付いたこと、国頭の人に提供したい情報を広くまとめたオサナイのブログです。

SUPブログ「HEY SUP」について

2018年7月頃から2019年4月まで書いていたSUPのブログです。2019年5月に全ての記事を移転しています。

また、当ブログの目標は次の通りです。

  1. このブログで月1万円の副収入を得る
  2. そのモデルを共有する
  3. みんなで収入UP!

SNSもなんでもやってます!フォローよろしくお願いします。

この記事を書いた人

オサナイ(小山内 大輔)

沖縄の道の駅 ゆいゆい国頭の職員(地域おこし協力隊)。元公務員。大田区Meetup代表。
WordPress歴1年でWordCampに無理やり登壇。沖縄を拠点に時々東京で活動する“沖縄1.5拠点生活”に挑戦する。