辺野喜もSUPで攻める! 〜サンゴ観賞と共同売店訪問〜

今回の記事は、自分が共同売店を経営することになっている辺野喜でSUP!サンゴがあり、川から売店まで行けたりと結構辺野喜でのSUPも面白いぞ!って話です。

共同売店のある辺野喜

私が3月のプレオープンを皮切りに、経営する辺野喜共同店。

今少しづつ準備しているところなんですが、この日はせっかくの晴天。準備がてらに辺野喜の海へ、SUPで探索してきました。

辺野喜もSUPで攻める! 〜サンゴ観賞と共同売店訪問〜

天気いい!

12月だと普通は湿った風がビュービューで、体感温度は結構寒いらしい沖縄。なのですが、今年はめちゃくちゃ暖かく、この日は天気にも恵まれています。ライフジャケットと短パンだけで漕ぎます。

あ、そうそう実は最近スターボードのパドル、エンデューロを新調したので初漕ぎ。

今までの安いアルミパドルは硬くて腕の関節に負担が強かったのですが、今回はハイブリッドカーボンのもの。細さは確か普通で柔らか目、ブレードはまぁまぁの大きさに。まだ長さ調節中ですが、漕いでも疲れないし最高でした。

新調したスターボードのパドル、エンデューロ

ちなみにSUPのパドルは非常に細かいので、店舗で相談して購入するのがオススメ。近くのSUPを扱っているお店(サーフショップとか)で聞いてみましょう。

サンゴがたくさん

さて、この辺野喜。集落から覗くと川が近いこともあって気づかないのですが、少し離れていくとサンゴがやはりあります。テーブルサンゴに枝サンゴ、カラフルな魚に青いヒトデと観賞させていただきました。

辺野喜もSUPで攻める! 〜サンゴ観賞と共同売店訪問〜

辺野喜もSUPで攻める! 〜サンゴ観賞と共同売店訪問〜
View this post on Instagram

ゆらゆら〜

A post shared by オサナイ/ Daisuke Osanai (@osanaiks) on

水中写真は防水ケース+フロート

私はSUP時もiPhoneを携帯し、撮影したり緊急時に使えるようにしています。参考にしてみてください。もちろん水中撮影も可能。

川の駅 辺野喜共同店

サンゴ観賞を楽しんでたんですが、最後は川に入り辺野喜共同店前まで。私は結構フラットな川でSUPして探検するのが好きなのですが、この辺野喜ならそれが少しできます。

辺野喜もSUPで攻める! 〜サンゴ観賞と共同売店訪問〜

ほとんどの集落では川は完全に護岸工事されてしまい、昇り降りができないのですがこの辺野喜に関してはそれが可能。夏になるとよく親子で川で遊ぶ姿もあったり、とってもウォーターフレンドリーな集落です。ぜひ、こうやってSUPとかで売店を訪れて欲しいですね。

満潮時に訪れよう

結構川は浅いので、満潮時に訪れてください。

売店を見た後には、いつも噛みすぎて聞き取りづらい”カミカミおじい”が登場。ニコニコ笑顔で「さ、さ、さ、さ、魚はいましたか?」「さ、さ、さ、さ、佐手で今日は、し、し、し、し、新年会があるよ〜」といつも通りのカミカミ。いつもおしゃべりして楽しいです。

まとめ

サンゴや海が素晴らしかったのはもちろん、共同売店までSUPで行けるって言うのは面白いコンテンツだな、と思いました。辺戸岬までのツーリングの休憩場所にもいいし、ちょっとした寄り道場所と知って辺野喜共同店が機能するなぁ、と可能性を感じた一日でした。


当ブログについて

 当サイト「オサナイ!駆けるよ!喋るよ!」は、沖縄北部やんばるの大自然に囲まれた国頭村での日々の生活や、道の駅ゆいゆい国頭での仕事を通して気が付いたこと、国頭の人に提供したい情報を広くまとめたオサナイのブログです。

SUPブログ「HEY SUP」について

2018年7月頃から2019年4月まで書いていたSUPのブログです。2019年5月に全ての記事を移転しています。

また、当ブログの目標は次の通りです。

  1. このブログで月1万円の副収入を得る
  2. そのモデルを共有する
  3. みんなで収入UP!

SNSもなんでもやってます!フォローよろしくお願いします。

この記事を書いた人

オサナイ(小山内 大輔)

沖縄の道の駅 ゆいゆい国頭の職員(地域おこし協力隊)。元公務員。大田区Meetup代表。
WordPress歴1年でWordCampに無理やり登壇。沖縄を拠点に時々東京で活動する“沖縄1.5拠点生活”に挑戦する。