比地大滝から流れる比地川でSUP!

今回の記事は、国頭の滝!的な比地大滝から流れる比地川に沿ってSUPしてきたぞ!って話です。

クイナ選手

比地大滝とか比地川って言ったら自分が住んでいる集落のあたりじゃん。

オサナイ
オサナイ

途中で堰があるから集落までは行けないんだけどね。それでも久しぶりの河口でのSUPは見応えがあったよ

今日の天候

この日はいつも通り北東から風速5mの風。曇り空。満潮っぽかったです。

風が強いので、ビビって比地川へ。安全な場所で漕ぎます。

比地川は国立公園内である比地大滝から続いている川です。

比地川でSUPスタート

今回はiPhone11をSUPのボード先端につけて、スタート。

ここからは写真等で紹介します。

SUP+iPhone11で撮影
比地川の河口。
SUP+iPhone11で撮影
今回はSUPの先に自撮り棒とiPhone11をつけて超広角撮影に挑戦するも微妙〜。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
果てしなく続くまっすぐな比地川
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
あたりは結構護岸工事されてます。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
映えない画像。先端にはiPhone11をつけています。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
岸壁近くは結構澄み切っています。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
まるでスイカのように川の水で冷やされる飲み物。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
木がぶら下がっています。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
浅くなってきました。植生は以前漕いでいた東京の多摩川とはさすがにかなり違います。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
堰が近づき、水も清らかな感じに。
比地大滝に繋がる比地川でSUP!
堰の前にある大木

漕げるコースの短い比地川。あっとゆう間に折り返しました。

最後はオクマビーチで少し漕ぐ

比地川でのSUPは30分程度だったので、最後は海に出て強い風の中、オクマビーチでSUPを楽しみました。

比地大滝に繋がる比地川でSUP!
最後は強風にビビりながらも、ちょっとだけオクマで。

まとめ

ということで今回は比地川でのSUPをメインに紹介しました。結構護岸工事されてしまっていて、あんまり楽しめないかなぁ、なんて思ってもいましたが、実際は東京都は異なる植生、豊富な魚類など、結構見所があったように感じます。

今回はカメラの準備がイマイチでしたが、またそのうち綺麗に撮影したいと思います。それでは、また!

当ブログについて

 当サイト「オサナイ!駆けるよ!喋るよ!」は、沖縄北部やんばるの大自然に囲まれた国頭村での日々の生活や、道の駅ゆいゆい国頭での仕事を通して気が付いたこと、国頭の人に提供したい情報を広くまとめたオサナイのブログです。

SUPブログ「HEY SUP」について

2018年7月頃から2019年4月まで書いていたSUPのブログです。2019年5月に全ての記事を移転しています。

また、当ブログの目標は次の通りです。

  1. このブログで月1万円の副収入を得る
  2. 沖縄の田舎でそのモデルを共有する
  3. 村のみんなで収入UP!

SNSもなんでもやってます!フォローよろしくお願いします。

この記事を書いた人

オサナイ(小山内 大輔)

沖縄の道の駅 ゆいゆい国頭の職員(地域おこし協力隊)。元公務員。大田区Meetup代表。
WordPress歴1年でWordCampに無理やり登壇。沖縄を拠点に時々東京で活動する“沖縄1.5拠点生活”に挑戦する。