本栖湖SUP 〜韓国人お義姉さん夫妻SUP初体験〜

SUPブログ「HEY SUP」の記事は移転しました。

この記事は、SUPブログ「HEY SUP」の記事を移転したものです。若干画像やテキストなどの表示に不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

韓国から義姉さん夫妻が来たので、1泊2日で富士五湖に行き、みんなで本栖湖でSUPにチャレンジしました!が、防水スマホケースを忘れたため、内容と画像少なめです。。。笑

本栖湖とは?

wikipediaによると、こんな感じ。

wikipedia
本栖湖(もとすこ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町及び南巨摩郡身延町に跨いで存在する湖。富士五湖の一つで、五湖の最西端に位置し富士五湖の中で最大となる121.6mの水深がある。千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に描かれる逆さ富士のモデルとして有名である。

つまり、富士山の近くの湖ですね!

地図で言うとこう。

韓国人義姉さん夫妻について

奥さんのお姉さんと旦那さんです。

二人とも日本が大好きでよく日本に遊びに来ていて、私と奥さんで日本をよく案内しています。

今回はベイビー2人を預けて、日本に久しぶりに観光に。

夏の東京は暑すぎるので、富士山方面に行き、SUPを初体験させました!

なお、語学レベルは、こうです。

奥さんの日本語 > おさPの韓国語 > 義姉さんの旦那さんの日本語 > 義姉さんの日本語

SUPで本栖湖を選んだ3つの理由

1 レンタルがあるから

今回は体験レッスンでは無く、レンタルを探しました。

なぜなら、レクチャーには韓国語が必要で、体験レッスンは合わなそうだから。

レンタルショップ 〜浩庵本館セントラルロッジ〜

レンタルしたのはここ。

浩庵本館セントラルロッジです。

キャンプサイトで、ダイビングやカヌー等が楽しめるところ。

価格帯はこんな感じ。

モンベルのちょっと浮くライフジャケット付きです。

経験者もいて多少泳げて気軽に始めるんであれば、ここのレンタルは良いと思います。

1時間1,500円
1日4,000円

水に慣れておらず運動不足気味のお義姉さん夫妻に合わせ、今回は1時間レンタルにしました。

2 水が綺麗だから

綺麗度ハンパないです!!

沖縄とかも良いんでしょけど、どこまでも続く深く青い色はここだけ。。。かな?

が、防水ケースを忘れたためちょっとしか写真が撮れておりませんので、雰囲気は動画をご参照ください。

本栖湖行ったら写真は必須です!

ちなみに義姉さん夫妻は言っていました。

綺麗すぎる分、どこまでも続く深い底が見えてビビったそうです。。。笑

3 富士山が見えるから

5千円札の逆さ富士で有名な本栖湖。

今回は残念ながら見えませんでしたが、外国人ウケは間違い無いでしょう!

韓国夫妻SUP初体験!

レンタルの時間は1時間。

とにかく時間が勿体無いので、リーシュコードを付けさせて、すぐにエントリーします。

初SUPにビビる義姉さん。。。笑

一方ですっと立ったのが義兄さん。

教える前のまだ疲れそうなフォームのまま、どんどん進み、、、

途中でぼちゃんと落ちました笑

お決まりです。

途中で化石みたいに底に沈んだ白い大木を見つけたり、違う岸に上がったり色々あったんですが、写真がありません。

すみません。

ちょっとクルーズしてあっとゆう間の1時間に、お義姉さん夫妻も満足げな様子。

うちらも買おうかと冗談で言っていました笑

まとめ

義姉さん夫妻に楽しんでもらえてSUP体験は大成功!こんな日本観光も良いはずです。ちなみに私は、気持ちいので何度も水に飛び込みましたが、体力を使ったのか、帰りの運転がものすごく眠かったです。みなさん、余裕を持って帰りましょう!

今回の結果

走行距離:測定不可(多分1キロ未満)

走行時間:1時間

]]>

当ブログについて

 当サイト「オサナイ!駆けるよ!喋るよ!」は、沖縄北部やんばるの大自然に囲まれた国頭村での日々の生活や、道の駅ゆいゆい国頭での仕事を通して気が付いたこと、国頭の人に提供したい情報を広くまとめたオサナイのブログです。

SUPブログ「HEY SUP」について

2018年7月頃から2019年4月まで書いていたSUPのブログです。2019年5月に全ての記事を移転しています。

また、当ブログの目標は次の通りです。

  1. このブログで月1万円の副収入を得る
  2. そのモデルを共有する
  3. みんなで収入UP!

SNSもなんでもやってます!フォローよろしくお願いします。

この記事を書いた人

オサナイ(小山内 大輔)

沖縄の道の駅 ゆいゆい国頭の職員(地域おこし協力隊)。元公務員。大田区Meetup代表。
WordPress歴1年でWordCampに無理やり登壇。沖縄を拠点に時々東京で活動する“沖縄1.5拠点生活”に挑戦する。