多摩川超モーニングSUP 川崎までの往復と日の出!

SUPで見た多摩川の朝日
SUPブログ「HEY SUP」の記事は移転しました。

この記事は、SUPブログ「HEY SUP」の記事を移転したものです。若干画像やテキストなどの表示に不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

なんだか眠れなかった夜。

先日朝4時30分ぐらいに目が覚めてしまったので、早朝からSUPに行ってきました。まだ日が昇ったばっかりぐらいです。

多摩川大橋から川崎までの往復

多摩川の日の出

いつもより早い時間帯の多摩川。眠いはずが少しワクワクします。

そんでもって何より涼しくて気持ちいい!

ポンプ入れるのが大変ですが、そうゆう部分でも早朝SUPは本当気持ちいいと思います。

雲の隙間から朝日が上り始める頃、多摩川で漕ぎ始めます。

なんとか間に合ったという感じ。

まだみんなが寝静まっているころ、多摩川を独り占めしてSUPできるのは優越感は堪りません!

水位MAX高め

ちょうど満潮時だったんでしょう。

水位は高め。自分の身長が高くなった気分。

葦とかいろんな植物は随分水で埋まっている姿も、これぞタマゾン川、って思います。

カモの親子もスイスイ〜。このあと葦の方に逃げられましたw

ちなみに、川崎方面には川崎競馬練習場があって、馬の足音がカポカポなっているのがよく聞こえました。

秋ぐらいの葦が低い時期で、満潮の時ならよく見えるかもしれません。

ぜひ誰かチャレンジしてみてください!

川崎駅付近〜釣船遭遇〜

40分ほど漕いだところで川崎駅付近まで到着。

下丸子付近から来たであろう釣船に遭遇。端に寄せてパドルを立ててアピールすると船は減速しました。

どうも多摩川は広いのと、岸の方は浅いから船も真ん中を通る傾向があるみたいです。あと広くて何もないからちゃんとアピールすれば気づいて減速してくれる感じ。

帰り道、林の抜け道

京浜東北とJRの高架下を通り、第一京浜の六郷橋に差し掛かったあたりから波が現れます。

多分ここから川の流れがまっすぐな分、波が強めなんでしょうね。疲れるし、ビビるし引き返しました。

途中ぶらぶら眺めてたのが大田区の六郷付近の林の抜け道。こんな道がいくつもあって冒険心をくすぐります。

帰りはちょっと水位が下がっていく様をみたり、ぶらぶらしながら、多摩川大橋に戻りました。

家に着いたのは7時過ぎ。奥さんはまだ寝てましたw

まとめ

ついこないだまで、多摩川大橋から川崎駅付近までワンウェイで行くのがやっとですが、往復できるようになりました!素晴らしい!

あと早朝SUPの魅力を実感!夏場は涼しいし、水質もいいからおすすめです。これからは早起きを心がけようと思います。

今回の結果

走行距離:約6.8キロ

走行時間:約2時間

拾ったゴミ:空き缶とカヤックかなんかのパドル

当ブログについて

 当サイト「オサナイ!駆けるよ!喋るよ!」は、沖縄北部やんばるの大自然に囲まれた国頭村での日々の生活や、道の駅ゆいゆい国頭での仕事を通して気が付いたこと、国頭の人に提供したい情報を広くまとめたオサナイのブログです。

SUPブログ「HEY SUP」について

2018年7月頃から2019年4月まで書いていたSUPのブログです。2019年5月に全ての記事を移転しています。

また、当ブログの目標は次の通りです。

  1. このブログで月1万円の副収入を得る
  2. そのモデルを共有する
  3. みんなで収入UP!

SNSもなんでもやってます!フォローよろしくお願いします。

この記事を書いた人

オサナイ(小山内 大輔)

沖縄の道の駅 ゆいゆい国頭の職員(地域おこし協力隊)。元公務員。大田区Meetup代表。
WordPress歴1年でWordCampに無理やり登壇。沖縄を拠点に時々東京で活動する“沖縄1.5拠点生活”に挑戦する。